グルテンフリー&糖質制限life > Q&A > メタボとは?

メタボとは?


メタボ(メタボリックシンドローム)は、命にかかわる病気を発症しやすい状態をいう。

わたしたちの肉体は、食べたものをエネルギーとして再利用するために、いったん脂肪に変換して体内にたくわえている。

この脂肪には2種類ある。ひとつは、皮膚の下に蓄積する「皮下脂肪」。もうひとつは、内臓の周囲にためる「内臓脂肪」だ。

【スポンサードリンク】

内臓脂肪と皮下脂肪を解説したイラスト

メタボといえば、内臓脂肪のぽっこり腹が代名詞。当然、問題もこの内臓脂肪にある。

というのも、内臓脂肪は肝臓や腎臓、すい臓、小腸、大腸にくっつき、昼夜分かたず炎症性物質をつくりだす。そうして、内臓に悪影響をおよぼすのだ。内臓脂肪が増えると、体内のあちこちで炎症反応が起きる。心臓病やがんの引き金にもなっていることもわかっている。

アレルギーの悪化因子にもなっている。

脂肪が溜まるどうなるか、のイラストさらに、血管のなかに脂肪があふれてくるため、血流が悪くなり、高血圧や高血糖、脂質異常などを引き起こすのだ。ほうっておくと、糖尿病や、動脈硬化を経て心疾患や脳卒中への道を真っ逆さまに転がり落ちていく。

※病院では、内臓脂肪型肥満(ぽっこり腹)にくわえて、高血圧と高血糖、脂質異常のうち2つ以上があるとメタボと診断される。

メタボの大きな原因は、飽食と運動不足。とくに、炭水化物中心の食生活が問題なのだ。つまり、現代人のほとんどがメタボ予備軍というわけ。近ごろでは、子どもにもメタボがいるらしい。

世も末である。

 

イラスト内テキスト/内臓脂肪のおじさん「内臓脂肪を守るためにつくそうだが、悪行三昧働きやがる。おかげで糖尿病になっちまった。おなかがぽっこりふくれるから、俺のことをリンゴ型肥満と呼ぶヤツもいる」、皮下脂肪おばさん「お肌のすぐ内側に溜まる脂肪。エネルギーを蓄えているの。おしりや太ももなど、下半身中心につくから、洋なし型肥満っていわれています」



ぼろぼろの身体を再建すべく、あらゆる健康術を試し歩き、最期に辿り着いたのがグルテンフリーと糖質制限だった。おかげで、毎日1時間のロードワークに出掛け、毎食、肉ばかり喰らっているが、不整脈ひとつ顔をださなくなった。そんな男が実体験と知見をつづっているブログ。相方は、グルテンフリーダイエットを実践中。

001 002 003 004
カテゴリー: Q&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

サイトポリシー

グルテンフリーロゴグルテンフリーと糖質制限で息を吹き返した管理人が、無数の書物などを読みあさり、自分のためにまとめたノートを、だれかの役に立つかもと思い、ブログへ転記。管理人自身の体験や知見が満載。情報の確度には細心の注意を払っているが、あくまで自己責任での利用をお願いする。

人気記事

グルテンフリー食品がそろう店

アイハーブのグルテンフリー食品米国の健康食品通販ショップ「アイハーブ」には、グルテンフリー食品がごまんとある。なにしろ小麦大国&グルテンフリー発祥の地。わが家のご用達。東京まで4日ほどで届く。初回5ドルの割引あり。現在40ドル以上買えば送料無料。ありがたい。1万5500円を超えると関税がかかるので注意。

糖質制限の必須アイテム

【血糖値をあげない甘味料】
sd1
sd1
エリスリトールは、代謝されずに排泄される不思議な糖類。天然の糖質だから安心。コーヒー&紅茶、料理とフル活用している。ラカントSの主成分もエリスリトール。関連記事/糖質制限のやり方

【糖質の吸収を強力に抑える成分】

2015-09-09_11h20_53糖質の吸収を強力に抑えてくれるサプリ。外食や旅行などで仕方なく糖質を口にしたときは、コイツの世話になる。メタバリアスリム。いまなら500円。試してソンはない。