グルテンフリー&糖質制限life > 運営者情報

運営者情報


運営者

編集・執筆/芥川ピストル

執筆/直木林檎

お問い合わせ

コンタクトフォーム

ブログ開設の動機

海の向こうでは古くから親しまれてきた小麦だが、いまやわれわれ日本人の食卓にも欠かせないものとなっている。この小麦が昨今、「食」や「健康」に対して感度の高いアンテナを有する人たちのあいだで注目を集めている。

いや、じつのところ、注目などという生やさしいものではないのだ。なにせ、小麦が健康寿命を縮めている、あらゆる生活習慣病の火種になり、罹患者を急増させている、といって、彼らは小麦を敬遠し、忌避しているのだから。それも、小麦が主食の欧米各国を中心に、である。

そうはいっても、ほとんどの日本人はすぐにはピンとこないだろう。それもそのはず、何千年も前から人類は小麦を食べてきたのだから、その安全性は祖先が身をもって証明済みと考えるのが普通。いまさら警鐘をがんがん鳴らされたところで貸す耳はない、というわけである。わたし自身、自分で書物や海外関連サイトを渉猟するまで疑心暗鬼だったから、そういう気分はよくわかる。

ところが、である。いろいろ調べているうちに、この話がまったくのデタラメではないという気がしてきたのである。そればかりか、調べれば調べるほどにこれが確度の高い情報であり、やがては背筋が寒くなるような思いさえ味わうハメになったのである。

かくして、わたし自身、小麦の影響を多分に受けていたことがわかり、小麦を避ける(グルテンフリー)生活を実践するにいたり、みずからドラスチックな体調の改善を実感したのだった。

このブログを開設したのは、その驚きと感動と興奮を書きとめておきたかったからにほかならない。

断っておくけれど、一個人のブログである。医療機関や研究機関のオフィシャルなホームページなどではない。だが、それだけに記事の内容については、可能なかぎり正確を期すよう心掛けていることをつけたしておきたい。ときには信頼性の低そうな話や、まゆつばもののゴシップを紹介することもあるかもしれないが、その際はそのよしをしっかり併記するつもりなので、ご容赦、ご安心いただきたい。

いずれにせよ、こうしたブログにも存在意義はあるはずだ。


4 comments on “運営者情報
  1. ザウルス より:

    はじめまして。

    よくまとめられたサイトで、非常に役に立ちます。ときどき拝見しています。ありがとうございます。

    さて、グルテンフリーと糖質制限の両方を同時にクリアしている食品は非常に限られていると思います。私自身は小麦アレルギーでもセリアック病でもないので、糖質制限を優先して、グルテンフリーにはこだわらなくてもいいような気がしますが、いかがでしょうか?糖質制限ダイエットは自動的にほとんどの小麦食品を排除していると思います。
    実際、グルテンフリーダイエットのメリットは、食品の中でもかなりの部分を占める小麦食品を遠ざける効果があり、その小麦食品のほとんどは糖質が多いという現実があるからではないかと思います。
    つまり、グルテンフリーダイエットは、糖質制限ダイエットの入門編のような位置にあるようです。
    実際、グルテンフリーダイエットだけのひとは、お米にはグルテンはないから安心だと思って糖質の高いお米のごはんを食べ続けています。

    • 芥川ピストル より:

      こんばんは。コメント、拝読しました。

      わたしもグルテンフリーの延長線上に糖質制限がある、という認識ですよ。

      グルテンフリー食には腸壁を破壊するグリアジンを除去できるメリットもありますが、まっ先に特筆すべき特徴はやはり、炭水化物の摂取量をぐっと減らせる点。血糖値の急上昇をふせぎ、あまたの生活習慣病の予防や改善につながる、という点につきると思います。事実、グルテンフリーがさかんな欧米ではグルテンフリーと糖質制限をほぼ同義としてあつかう向きもあるようです。あちらの主食は小麦ですからね。

      前置きが長くなりました。

      おっしゃるとおり、グルテン過敏症やセリアック病でないのなら、グルテンフリーはさほど気にしないでもOKとわたしも思います。グルテンは避けるにこしたことがありません。が、糖質制限をしていれば自然とゆるめのグルテンフリーができている、ということになりますしね。

      ご訪問、ありがとうございました。

  2. 荒井 茂夫 より:

    大変貴重な文献を読ませていただきました。
    私はアレルギー体質ですけれど、人生の中に一番長い主食は小麦粉で加工したパン類、パスタ、そうめん、小麦粉を混ぜたそば麺、シュウマイ・餃子の皮、小麦粉で作ったお菓子類・ケーキを食べてしました。今になると、アトピー性皮膚炎ではなくて、貨幣状湿疹・自家感作性皮膚炎が出てしまい、苦労して、皮膚科クリックへ行って処方箋を塗ったり、飲みましたら、再発しました。ルイボスティーとエキストラバージンオイルを使い始め、小麦グルテンの食材を捨てて、グルテンフリーの食材を入手し始めて、飲食を実践しております。いろいろな情報は氾濫しすぎて、正しい情報を注視していきます。
    どうもありがとうございます。
    よろしくお願いいたします。

    • 芥川ピストル より:

      こちらこそ、コメントをどうもありがとうございました。1日も早くよくなられることを心からお祈りしております。どうぞお大事になさってくださいませ。

      芥川拝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

サイトポリシー

グルテンフリーロゴグルテンフリーと糖質制限で息を吹き返した管理人が、無数の書物などを読みあさり、自分のためにまとめたノートを、だれかの役に立つかもと思い、ブログへ転記。管理人自身の体験や知見が満載。情報の確度には細心の注意を払っているが、あくまで自己責任での利用をお願いする。

人気記事

グルテンフリー食品がそろう店

アイハーブのグルテンフリー食品米国の健康食品通販ショップ「アイハーブ」には、グルテンフリー食品がごまんとある。なにしろ小麦大国&グルテンフリー発祥の地。わが家のご用達。東京まで4日ほどで届く。初回5ドルの割引あり。現在40ドル以上買えば送料無料。ありがたい。1万5500円を超えると関税がかかるので注意。

糖質制限の必須アイテム

【血糖値をあげない甘味料】
sd1
sd1
エリスリトールは、代謝されずに排泄される不思議な糖類。天然の糖質だから安心。コーヒー&紅茶、料理とフル活用している。ラカントSの主成分もエリスリトール。関連記事/糖質制限のやり方

【糖質の吸収を強力に抑える成分】

2015-09-09_11h20_53糖質の吸収を強力に抑えてくれるサプリ。外食や旅行などで仕方なく糖質を口にしたときは、コイツの世話になる。メタバリアスリム。いまなら500円。試してソンはない。