グルテンフリー&糖質制限life > 小麦と生活習慣病 > グルテンフリーや糖質制限でメタボも解消!

グルテンフリーや糖質制限でメタボも解消!


肉肥満やメタボの原因は脂肪、と思っている人は多い。

たしかに数年前まで「肉や脂肪を食べると太る」「コレステロールが血管を詰まらせて病気になる」というのが世界の常識だった。トクホのCMなどではいまだに「脂肪吸収を抑えて、メタボ対策」などとやっているが、じつはアレ、もうまちがいだとわかっているのである。

肥満やメタボ(内臓脂肪)の最大の原因は、糖質(炭水化物)だ。糖質を摂取し、血中のブドウ糖濃度があがると、その一部はエネルギーとして利用されるものの、余ったほとんどのブドウ糖は内臓脂肪に変換されて体内に蓄積されるのだ。

その働きをになっているのがインスリン

つまり、炭水化物を食べれば食べるほど、メタボは加速する。コレ、新常識。昔の『常識』はいまの非常識。ここ数年の研究ですでにまちがいだったことが証明されているのだ。

小麦のパンさて、こうなると問題になってくるのが、小麦のでんぷん(糖質)。なにしろ、小麦のでんぷんの8割近くを占めるアミロペクチンAは、ほかのどんなでんぷんより血糖値を急激にあげる。メタボがぐんぐん加速する。

しかも、小麦が血糖値を急上昇させると、その反動ですい臓がインスリンをどかんと出血大放出するものだから、今度は血糖値が急激に落っこちて、その影響で腹がすく。

【スポンサードリンク】

人間の脳は血糖値が低下すると、空腹警報を発令する

ご存知だろうか? 空腹感は血糖値がさがると感じるものなのだ。胃腸に消化中の食べ物がたくさん詰まっていても、インスリンが血糖値をさげれば、ニンゲン腹がナル、というしくみ。だから、血糖値を極端にさげないよう、上手にカムフラージュすれば、ダイエットなんぞ、どうということはないのである。

そこへプラスして、グルテンの中毒性までわれらが食欲に拍車をかけるから、小麦を食べているかぎり、のべつ幕なしに内臓脂肪は溜まっていく。

その弊(へい)はデカイ。メタボでどうなるかは、こちらの記事に書いている。

早い話が、いったん内臓脂肪が溜まりだすと、すぐにメタボになる。すると、高血圧、高血糖・糖代謝異常、脂質代謝異常という代謝異常を経て、高血圧症、糖尿病、高脂血症という、はっきりした病気を発症する。

最後はこれらがたがいに影響しあって、心筋梗塞や狭心症などの心臓疾患、脳梗塞などの脳血管疾患、といったゴールラインを切ることになるというわけだ。

肥満からメタボを経て、生活習慣病へ至るプロセスの相関図

いうまでもないが、ゴールラインの向こうは彼岸である。

助かる道はただひとつ。小麦と決別することだ。

なお、すでにメタボと診断されているなら、小麦だけでなく、炭水化物すべてと手を切るのが得策だ。

糖質制限を実践すれば、ぽっこりふくらんだ太鼓腹もあっという間にひっこんでいく。運動する必要などない(もちろん、するにこしたことはないが)。糖質制限は、運動よりずっと効率的なダイエット法なのだ。1週間で平均1~5キロ落ちる。わたしは4キロ落ちた。

わたしだけでなく、多くの先輩メタボッリカーたちが身をもって証明しているとおりだ。



ぼろぼろの身体を再建すべく、あらゆる健康術を試し歩き、最期に辿り着いたのがグルテンフリーと糖質制限だった。おかげで、毎日1時間のロードワークに出掛け、毎食、肉ばかり喰らっているが、不整脈ひとつ顔をださなくなった。そんな男が実体験と知見をつづっているブログ。相方は、グルテンフリーダイエットを実践中。

001 002 003 004
カテゴリー: 小麦と生活習慣病
2 comments on “グルテンフリーや糖質制限でメタボも解消!
  1. マッチー より:

    このやり方はいかにも炭水化物が諸悪の根源であるかのように受け取られます。
    体重が5kg減ったなら、体脂肪と筋肉量の変化も一緒に見ておかないと大変なことになります。
    気を付けましょう。

    • 芥川ピストル より:

      ご指摘のとおり、単に過酷なだけのダイエットは命をおびやかすこともあり、危険がともなうものです。

      ただ、わたしが実践している方法は、脂質とたんぱく質をたっぷり食べ、野菜もたらふく摂って、しっかり肉体を動かすというもので、筋肉量や体脂肪が病的に落ちるということはありません。わたし自身もなんら不都合を感じておらず、毎日すこぶる快調です。

      炭水化物を悪者あつかいするつもりはないのですが、わたしのように糖質摂取がもたらす血糖値の急上昇に耐えられなくなってしまった身体には、やさしい食生活だと実感しています。

      まあ、本音をいいますと、若いころは甘党でしたし、白米やパン、パスタ、うどんなんかも嫌いではありません。できることなら堪能したい。肉魚中心の食事は食費もかさみますしね(笑)。

      でも、それをやるとからだがもたないのです。

      コメントありがとうございました^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

サイトポリシー

グルテンフリーロゴグルテンフリーと糖質制限で息を吹き返した管理人が、無数の書物などを読みあさり、自分のためにまとめたノートを、だれかの役に立つかもと思い、ブログへ転記。管理人自身の体験や知見が満載。情報の確度には細心の注意を払っているが、あくまで自己責任での利用をお願いする。

人気記事

グルテンフリー食品がそろう店

アイハーブのグルテンフリー食品米国の健康食品通販ショップ「アイハーブ」には、グルテンフリー食品がごまんとある。なにしろ小麦大国&グルテンフリー発祥の地。わが家のご用達。東京まで4日ほどで届く。初回5ドルの割引あり。現在40ドル以上買えば送料無料。ありがたい。1万5500円を超えると関税がかかるので注意。

糖質制限の必須アイテム

【血糖値をあげない甘味料】
sd1
sd1
エリスリトールは、代謝されずに排泄される不思議な糖類。天然の糖質だから安心。コーヒー&紅茶、料理とフル活用している。ラカントSの主成分もエリスリトール。関連記事/糖質制限のやり方

【糖質の吸収を強力に抑える成分】

2015-09-09_11h20_53糖質の吸収を強力に抑えてくれるサプリ。外食や旅行などで仕方なく糖質を口にしたときは、コイツの世話になる。メタバリアスリム。いまなら500円。試してソンはない。