グルテンフリー&糖質制限life > 小麦の毒性&危険性 > 小麦グルテンの毒性――グルテンアレルギー

小麦グルテンの毒性――グルテンアレルギー


小麦グルテンは、粘りのある小麦特有のたんぱく質。

もっちりとしたうどんやラーメン、ふんわりしたパンを味わうことができるのは、何を隠そう、コイツのおかげ。グルテンがあるから、小麦粉はあんなふうに伸ばしたり広げたりできる。

小麦グルテンがなくなれば、すべての製麺所やパン屋は頭を抱えることだろう。あまつさえ、ピザ職人は職を失うにちがいない。グルテンのない小麦粉など、いくらこねくりまわしたところで、ぶちんぶちんと切れてしまって、用をなさない。

小麦粉をこねて、パンを焼く

グルテンフリーに関する記事に書いたように、ロックフェラーが半世紀前から数十年にわたっておこなった品種改良で、小麦のグルテン含有量は増えた。小麦粉の柔軟性はさらに増した。ここまではよかった。

問題は、グルテンに強い毒性を与えてしまったことだ。

地球上に存在する小麦の99%以上がいまや、ヒトにとって有毒なものとなっている。

小麦グルテンは日々、われわれの肉体のあらゆる器官に影響をおよぼし、あらゆる部位に抗体をつくりだしている。花粉症などほかのアレルギーにもいえることだが、許容量を超えなければどうということはない。

だが、ほかのアレルギー同様、抗体数が一人ひとりの許容量をうわまわったとき、症状は一気に表面化する。

その際のインパクトは、花粉症よりはるかに強烈だ。というのも、グルテン抗体はIgGタイプ(遅延型)。花粉抗体に代表されるIgEタイプ(即時型)とちがい、1度できると抗体が抗原と結びつき、血流に乗って体内のすみずみにくまなくいきわたり、数週間から最長1年にもわたり、活動しつづけるのだ。

くしゃみや鼻水どころの騒ぎではない。全身の免疫システムをかき乱し、さまざまな部位で炎症を引き起こす。あらゆる病気の火種になることがわかっている。

代表的なのは、次のようなものである

関連する疾患 詳細 備考
胃酸逆流 軽度のグルテンアレルギー患者に多く見られる。胃酸が食道を逆流し、食道が胃酸(塩酸)で溶けて、炎症が発生する。逆流性食道炎に発展するケースも少なくない。
過敏性腸症候群 便秘と下痢、あるいはその両方が交代で訪れる症状だ。腹痛や、腹部の不快感がつづく。こちらも軽度のグルテンアレルギー患者によく見られる。
糖尿病 子どもに多い1型糖尿病(インスリン依存性糖尿病)の発症リスクは20倍にもなるそうだ。
肝臓病 脂肪肝から肝炎、肝硬変、最悪のケースでは肝臓がんを発症することもあるという。
自己免疫疾患
アレルギー疾患
関節リウマチ、全身エリテマトーデス、ぜんそく、潰瘍性大腸炎、アトピー性皮膚炎、クローン病、橋下病など。 →詳細記事へ
皮膚疾患 疱疹状皮膚炎、口内炎、口角炎、皮膚筋炎、ヘルペス、白斑、乾癬、ベーチェット病、脱毛症など。 →詳細記事へ
神経障害 平衡感覚の障害や運動障害、痛み、脳障害など。
セリアック病 代表的な症状は、下痢や腹痛、重度の栄養失調、体重低下。関節炎や神経障害、精神疾患、頭痛、不妊などがあらわれることもある。 →詳細記事へ
【スポンサードリンク】

グルテンアレルギー(グルテン過敏症)は発見困難

関連疾患は数百におよぶ。

やっかいなのは、グルテンアレルギーが小麦アレルギーと異なる点だ。小麦アレルギーなら小麦だけを断てば解決するし、日本の病院で受けられる、一般的な血液検査で判定が可能だ。

血液検査

ところが、グルテンアレルギーはそうはいかない。小麦グルテンに似た構造のたんぱく質を含む穀類――ライ麦、大麦、ライ小麦などと交叉反応が起こる可能性がある。

さらに、特別な検査でないと確認できないのも困りものだ。それ以前に、日本の医療現場ではいまのところ、グルテンアレルギーの認知が進んでいないので、医師マターで検査がおこなわれることも期待できない。

かりにグルテンアレルギーを発症していたとしても、病院で見つかる可能性はほぼない、ということなンだ。むろん、われわれには、自分の身体の抗体許容量がどの程度なのかなんて知るよしもない。

だから、チェックシートを作成してみた。気になる方は自分でチェックしてみてほしい。

グルテンアレルギーのアメリカにおける発症率は20人に1人。軽度の患者を含めると、5人に1人という専門家もいる。日本にも、潜在的な患者が相当数いることだろう。

ちなみに、重度のグルテンアレルギーとして知られる「セリアック病」の発症率は約1%。現状、こっちも診断が非常に難しく、グルテンアレルギーの啓蒙が進んでいるアメリカでさえ、セリアック病を発症している人の90%が、自分がセリアック病と気づいていないのが実情だ。

【スポンサードリンク】

グリアジンたんぱく質がもつ、驚愕の攻撃力

小麦グルテンにはさらに驚くべき特徴がある。グルテンの成分のひとつである「グリアジンたんぱく質」に、健康な腸粘膜をすり抜ける力があるのだ。

このときの刺激によって、腸粘膜の細胞の結合がほどけてしまうことがわかっている。すると、さまざまな異物が体内へ侵入し、体中のあっちこっちで炎症が起きるのだ。まずいのは、グルテンアレルギーを持っていない人にもこれが起きる、ということだ。

細胞の拡大イメージ

また、小麦に含まれる、グルテン以外のたんぱく質も、ヒトの免疫系に影響を与えることがわかっている。ぜんそくやじんましん、アトピー性皮膚炎、運動誘発性アナフィラキシー(運動中のぜんそくや発疹)などを引き起こすことがあるという。

CHECK POINT
  • 小麦は、1000種以上のたんぱく質を含む。
  • 含有量のもっとも多いグルテンは、セリアック病やグルテンアレルギーの原因。
  • 糖尿病や肝臓病、自己免疫疾患、皮膚病などを引き起こしている。
  • グリアジンは、過敏症でない人の腸粘膜にも穴を開ける。
  • αアミラーゼほか10種以上の、グルテン以外のたんぱく質も、ぜんそくやじんましん、アトピー性皮膚炎などを引き起こすことがある。


ぼろぼろの身体を再建すべく、あらゆる健康術を試し歩き、最期に辿り着いたのがグルテンフリーと糖質制限だった。おかげで、毎日1時間のロードワークに出掛け、毎食、肉ばかり喰らっているが、不整脈ひとつ顔をださなくなった。そんな男が実体験と知見をつづっているブログ。相方は、グルテンフリーダイエットを実践中。

001 002 003 004
カテゴリー: 小麦の毒性&危険性
18 comments on “小麦グルテンの毒性――グルテンアレルギー
  1. 堀こうじ より:

    初めまして。
    わたしは再生不良性貧血が発病して10年になります。
    ベンカラノ下血で病院にかつぎ困れたその日に
    血液が壮絶に減りました。
    免疫異常で造血細胞の停止。
    原因不明のままですが、グルテンから来た可能性が
    高いので今はグルテンフリーの生活してます。
    勉強になりました。

    • 芥川ピストル より:

      堀さん、はじめまして。グルテンが再生不良性貧血を引き起こす可能性があるのですか。

      こちらこそ勉強になりました。コメント、どうもありがとうございました^^

  2. さとうさん より:

    両足に激しい痒みを伴う水疱が出来ました。皮膚科受診すること、かぶれとの事。何にかぶれたか不明とは言え、症状からステロイド入りの軟膏と抗生剤が処方されました。
    しかし、症状は悪化する一方
    激しい痒みと灼熱感で数日不眠…
    かぶれな訳無い…ネット検索すると、疱疹状皮膚炎 グルテンによる自己免疫疾患 この症状がぴったりでした。
    グルテンフリー食にするしか方法が無い。と言う事で早速開始
    2日目には症状の改善がみられました。
    総合病院の皮膚科医師に相談してみましたが、小麦アレルギーは子どもが成るものでしょう。50歳で
    すよね〜。と笑われました。
    疱疹状皮膚炎❓
    原因不明 かぶれにしか見え無いけどね〜と…
    長引いて効かない軟膏塗り辛い思いをしている方沢山居るんだろうなぁ〜。と思います。

    ありがとうございました。

    • 芥川ピストル より:

      そうですよね。病院通いを何年つづけていても、不定愁訴が一向に改善しない――こんな方、少なくないと思います。現代医療は対症療法が中心。目に見えている症状を、物理的あるいは科学的な処置に抑えこもうという考え方です。でも、万病の原因はじつはからだの内側にある、ということにもっと目を向けてほしいものです。

      コメント、ありがとうございました。どうぞお大事になさってください^^

  3. さとうさん より:

    医者は患者が再診しなければ、自分が処方した薬で治った。と思う。悪化した場合。
    貴方ならどうしますか?
    不味いレストランには2度と行かない❕のと同じ事です。
    市立病院の医者もそんなんだったから、自己免疫疾患だったら、
    消化器や内分泌外来を受診する必要があると思ったから、ここを受診する事に決めたのです。
    実際、今一番辛いのが足なだけで
    他に手や足のシビレや筋肉痛等も自覚。栄養不足❓と思いサプリメントを摂る。しかし、そのサプリメントの中にも、小麦や大麦が入って居る。グルテンアレルギーによる吸収不全だと思った。
    そうなったら、消化器の癌や甲状腺機能の低下、等、様々な合併症を併発する。そうです…
    私もグルテンアレルギーだなんて思いたく無いんですよ。
    と、やんわり説明してみた。
    彼はそんな患者に初めて遭遇した様子だった。
    これからの医療に役立てて欲しいものです。
    知らなくても良いんです。
    解ろうとする事から道が開かれる。その様に思います。
    経過が順調で体力もついて来ました。
    貴重な情報にこころから感謝致します。

    • 芥川ピストル より:

      さまざまな書物や論文などを渉猟し、わたしが手にしたこの知識は、どなたかのお役にきっと立つはずだ、との思いではじめたブログですもので、そんなふうにいっていただけるとたいへんうれしいし、励みにもなります。こちらこそありがとうございます。

  4. さとうさん より:

    本当にありがとうございます。
    グルテンフリー食1週間目
    足の水疱や皮膚炎・筋肉痛やシビレが軽減しただけでは無く、
    「顔色が良くなった。」
    と娘に言われました。
    肌のくすみが取れ、血色が良くなって来た事を自覚し、集中力を取り戻し❓疲労感❓から脱出しつつあります。
    ❓❓回復順調の皮膚炎に新しい水疱が一つ…
    探偵は考えました。
    美味しい「はちみつ梅干し」に
    還元水飴が入って居ました。
    名探偵に変身(^◇^;)と

    一度グルテンアレルギーに成ると少量でも再発する。という事の再現なのだと思いました。

    還元水飴 は麦が原料でした。(^◇^;)
    小麦アレルギーとは違う
    グルテンアレルギーに間違え無い事を再認識致しました。^_^

  5. さとうさん より:

    グルテン除去食10日目
    両足部に出来た「疱疹状皮膚炎」都思われる皮膚の炎症が回復に向かい、足に「土踏まずのアーチ」が出来ました。
    20年以上 どこを指圧しても痛かった「足裏のツボ」
    特にに 胃腸のツボ痛く無いではありませんか…
    驚きです。

    • 芥川ピストル より:

      アレルギー、とくにグルテンアレルギーを含む遅延型アレルギーは、当人が気づかぬうちにさまざまな不調を引き起こしている、といわれています。さとうさんのケースも、その顕著な例なのかもしれませんね^^

  6. ハヤシ ケイイチ より:

    初めまして。
    グルテンフリーを始めて3週間弱の40代のオッサンです。
    お陰様で30年以上付き合いのあった便秘さんとおさらばできました。何となく体も軽くなったような気もします。
    これからも芥川さんのブログを参考にグルテンフリーがんばっていこうと思います。
    ありがとうございます。

    • 芥川ピストル より:

      めっそうもない。こちらこそ、コメント頂戴しましてどうもありがとうございました。芥川拝

  7. さとうさん より:

    グルテン不耐症
    両足に発症した「疱疹状皮膚炎」の回復力について、実践した事はグルテン除去食にした事。
    皮膚科の医師が、うなっていました。^^;

    思い返すと、発症は子供の頃からでした。
    ケーキも、クッキーも 好物では無く、田舎育ちで、パンやパスタはほとんど食べる機会が無く
    育ち、高校から寮生活へ与えられる食事しか
    選択肢はありませんし、 パンやパスタやうどんは良く食べました(^^)
    20歳代で、熱が続き入院 血清補体価が高い。
    と言われたものの、結局原因不明…
    当時~手や足に水疱が出来た事、又過去の
    入院中にも発症した事、
    手、足のしびれや痛みを常に自覚して居た事。
    (20年前の頚椎や腰の手術の影響だと思い続けて居た。)

    今回は職場昼食フライを食べた後に急激に症状が悪化した事。
    皮膚科で かぶれと言われ、薬を塗っても治らなかった事。

    牛乳を飲むとお腹を壊すのも、牛乳が原因では無く、パンが原因!!
    を身を持って体験…
    更年期か•́ω•̀)?と思って居た、動悸や息切れ
    めまい、手のほてり等の不定愁訴の様な症状
    実は、グルテンアレルギーだった•́ω•̀)?
    とわかった
    衝撃の一瞬 ฅ(๑⊙д⊙๑)ฅ!!
    ビールの執着は消え…^^;
    サプリメントも吸収出来ない身体•́ω•̀)?ピンチから数々を学び
    グルテンフリー食試みる事が出来たのも、芥川さんのブログのおかげと心より感謝申し上げまます。

    私の周囲の方にも情報を拡散させ頂いて居ます。
    99%は無理!!との返答ですが、
    困っていないのだから仕方ありません。しかし、1%情報を必要として居る方がいました。

    グルテン除去食一ヶ月目
    美味しく、(・肉・)魚、野菜、
    乳製品頂いて居ます。

    • 芥川ピストル より:

      コメント、ありがとうございます。

      不定愁訴が改善なさっているご様子、なによりです。サプリメントはグルテンフリーのものをチョイスすればよろしいかと。

      どうぞお大事になさってくださいませ。

      芥川拝

  8. わたなべやすお より:

    ブランパン食べますか?

  9. シュン より:

    15歳、中学生です。
    グルテンについてジョコビッチ選手の本を読んで学びました!僕は陸上の長距離をやっていて来月に行われる都道府県駅伝に出場するくらいの選手です。グルテンフリーの生活に出来るように頑張っていますが、今は成長期というのもあり栄養が偏りすぎないようにし、親が出された料理もちゃんと食べるようにしています。餃子や唐揚げなどグルテンが含まれてるのでも。このような食材のグルテンの影響はパンと比べてどれ程のものなのでしょうか?それとナッツ類はグルテンを避けながらたんぱく質を摂取できるので良いと聞いて食べるようにしてますが、経済的な面もあり、それほど高い品質のナッツ類は買うことができず安いナッツ類のほとんどは製造工程で小麦が含まれています。製造工程で含まれているとどんなに続けていてもグルテンフリーの効果はプラマイゼロといったところなんでしょうか?僕の夢は世界大会でメダルを取ることです。そのためにはどんなに才能や努力があってもこのような生活や食事で世界との差を詰めていかなければなることはできないと思うので日々自分を変えていけるよう努力しています。完全なグルテンフリー生活ではありませんが意識して生活して二種間ほど経ちました。目立った効果は見られませんが去年の冬にあった暴飲暴食な欲はなくなり体重維持に繋がっている気がします。積み重ねで成果が出ることを信じて頑張ってます。
    お時間に余裕があれば色々教えて頂けませんか。
    長文失礼します。

    • 芥川ピストル より:

      シュンさん、はじめまして。

      そいつはスゴい。わたしこそいろいろ教えてほしいくらいです。実は最近、ランニングにハマっているのですけれど、なかなかタイムが伸びない。どうもフォームがまずいのだろうと薄々感づいてはいるものの、ひとりでやっているもので、どこをどう矯正していいものやら……。途方に暮れています(笑)。

      さてご質問の件。餃子や唐揚げとパンを比較したら、パンのほうがずっとグルテンは多いと思いますよ。なにしろあれ、小麦粉のかたまりですから。

      ナッツに関しては、シュンさんが食されている商品の成分表示を確認したわけでないから正確なことはいえませんが、「本製品工場では、乳、卵、小麦などを含む製品を生産しています」というような記述があるんら、それはコンタミネーション(混入)の可能性があるといっているだけです。セリアック病やグルテンアレルギーでないなら、そして心配しなくてもいいかなとわたしは思います。

      それにしてもシュンさんはしっかり未来を見据え、ライフスタイルのすべてを自分できちんとコントロールしようとなさっている(その年で!)。わたしも中学のころはスポーツに打ちこんでいましたが、それほどのストイックさの持ち合わせはありませんでした(トレーニング中に考えるのは、あとで部活仲間と食べに行くハンバーガーやラーメンのことばかり)。

      ジョコビッチ選手が書かれているように、毎日の食生活と心身のパフォーマンスは世間が考えるよりはるかに密接に結びついている、とわたし自身もいまは実感しています。むろん二週間やそこいらで目に見える結果が出るほど単純な話ではないのでしょうが、意味がないともけっして思いません。

      がんばって!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

サイトポリシー

グルテンフリーロゴグルテンフリーと糖質制限で息を吹き返した管理人が、無数の書物などを読みあさり、自分のためにまとめたノートを、だれかの役に立つかもと思い、ブログへ転記。管理人自身の体験や知見が満載。情報の確度には細心の注意を払っているが、あくまで自己責任での利用をお願いする。

人気記事

グルテンフリー食品がそろう店

アイハーブのグルテンフリー食品米国の健康食品通販ショップ「アイハーブ」には、グルテンフリー食品がごまんとある。なにしろ小麦大国&グルテンフリー発祥の地。わが家のご用達。東京まで4日ほどで届く。初回5ドルの割引あり。現在40ドル以上買えば送料無料。ありがたい。1万5500円を超えると関税がかかるので注意。

糖質制限の必須アイテム

【血糖値をあげない甘味料】
sd1
sd1
エリスリトールは、代謝されずに排泄される不思議な糖類。天然の糖質だから安心。コーヒー&紅茶、料理とフル活用している。ラカントSの主成分もエリスリトール。関連記事/糖質制限のやり方

【糖質の吸収を強力に抑える成分】

2015-09-09_11h20_53糖質の吸収を強力に抑えてくれるサプリ。外食や旅行などで仕方なく糖質を口にしたときは、コイツの世話になる。メタバリアスリム。いまなら500円。試してソンはない。