グルテンフリー&糖質制限life > 万病を治す糖質制限 > 糖尿病の本当の原因は糖質だった!

糖尿病の本当の原因は糖質だった!


糖尿病のイメージ

糖質(炭水化物)と糖尿病は蜜月だ。

考古学者に聞けばわかる話だが、いまから1万年以上前――農耕が始まる以前の狩猟採集社会に糖尿病は存在しなかった。ヒトが糖尿病で命を落とすようになったのは、穀類を食べはじめてからのことなのだ。

初めのうちは、汗水垂らして働く必要がない王族や貴族らの贅沢病だった。それが一般市民に広がったのは、19世紀後半から20世紀にかけて。砂糖を食べるようになってからという。

そうしてこの半世紀というもの、先進国はどこも糖尿病の爆発的増加とそれにともなう医療費の増大に頭を抱えている。

わが国の患者数も例にたがわず、戦後は右肩あがりに急増している。厚労省の調査によれば、2012年の糖尿病人口は950万人。前回(2007年)の調査から60万人アップ。過去最多を記録した。さらに、糖尿病予備群と呼ばれる人たちが糖尿病人口の3~4倍ほどいる。

わが国の糖尿病の医療費は年間約1兆2000億円。合併症を含まない数字だ。実際はこんなものではすまない。

MEMO
医療費トップ5
  • 1位 循環器系の疾患 5兆7973億円。
  • 2位 がん 3兆8120億円
  • 3位 筋骨格系と結合組織の疾患 2兆1647億円
  • 4位 呼吸器系の疾患 22兆1507億円
  • 5位 腎尿路生殖器系の疾患 2兆144億円

糖尿病患者1人あたりの自己負担額は4~13万円。

数字に開きがあるのは、治療方法のちがいによる。

糖尿病治療の各段階自己負担額

STEP1.
食事療法+運動療法

診察料や検査料など、ごく基本的な診察費のみですむため、毎月の自己負担額(3割)は約3600円。年間自己負担は約4万3000円となる。

STEP2.
経口薬療法(2種)

2種の薬を処方されているなら、そのぶんの費用が上乗せとなるため、月々の自己負担額は約7500円。年間約9万円になる。

STEP3.
インスリン療法+経口薬療法+血糖自己測定(月60回)

インスリン療法は、薬代にくわえ、自宅でみずから注射や血糖値測定をおこなうための指導管理加算などが加算される。このため、月の自己負担は約1万1000円で、年間約13万2000円が必要となる。

なお、こうした治療プログラムをきちんとこなしていても、糖尿病はじわりじわりと進行し、インスリン療法へ突入する患者があとを絶たない。

「糖尿病? あんなものは贅沢病だ。食い意地の張ったヤツがなるんだから、食事制限なんぞ続かなくって、医者の目盗んで飲み食いしてるうちに手足なくして、光(視力)失って、おっ死(ち)んじまうんだよ」

子どものころ、近所に住んでいた口の悪いジジイの口癖だ。奥方が糖尿病で亡くなったのになんたる暴言を吐くのか、と当時は思っていたが、本当はそうではなく、単に口惜しかっただけなのかもしれない。

たしかにあのじいさんのいうとおり、なかには食い気に負ける患者もいるかもしれない。けれど、たいていは栄養士が決めた食事プログラムをしっかり守っていると思う。なにしろ命がけだ。

それでも一向によくならない、それどころか悪化するというケースが少なくない。

根本的なアプローチの仕方に問題がある、と考える人があらわれるのは道理だろう。事実、近ごろは糖尿病学会や御上が策定した治療ガイドラインに異議を唱える医師が続々(とまではいかないが)登場している。

MEMO
いまの糖尿病の治療方法は?
  • まず、カロリー制限とバランスのいい食事、運動を実践して様子見。
  • それでダメなら、血糖値を強引にさげる血糖降下薬を使う。
  • それでもダメなら、インスリン注射で強制的に血糖値をさげる。

これに対する彼らの主張はじつにシンプルだ。

  • 糖尿病を引き起こすのは、インスリン抵抗性。
  • インスリン抵抗性を生じさせ、悪化させるのは内臓脂肪。
  • 内臓脂肪をためこむのは、食後高血糖によって起こるインスリン追加分泌。
  • 食後に血糖値をあげるのは、たんぱく質でも脂質でもなく、糖質(炭水化物)。
  • だから、糖質を断てば、糖尿病を根っこから断ち切れる。
【スポンサードリンク】

本当の原因は、脂質ではない

肉の脂は太るから残す、身体に悪いから食べない、という人が少なくない。うちの妻や両親もそういうことを平気でいう。

脂質を摂りすぎると、コレステロールが増え、血液がどろどろになるため、脳卒中や心筋梗塞、がんのリスクがあがる、という話もよく耳にする。

【知っ得】摂取リスクのある脂質について

ある種の脂質には、血液をどろどろにしたり、動脈硬化を引き起こしたりする作用がたしかにある。オメガ6系脂肪酸(リノール酸など)というグループに分類される植物油である。サラダ油やパーム油、ごま油などに多く含まれており、摂りすぎには注意が必要。また、リノール酸に水素を添加してつくられるトランス脂肪酸は、絶対に摂ってはならない脂質。確実に身体を害する。トランス脂肪酸には、マーガリンやショートニング、ファットスプレッドなどがある。毎朝の食卓の常連組である。なお、みんなが忌避する動物性脂肪については、じつはなにも問題がないとわかっている。

こんなふうに、わが国ではいまだ脂質悪玉説が幅を利かせている。糖尿病や肥満、循環器系の病気を引き起こしているのは脂質というわけである。

その論拠は、1gあたり約9kcalと高いエネルギー量である。たんぱく質や炭水化物はこれが4kcalだから、脂質はほかの栄養素より内臓脂肪の蓄積を引き起こしやすい、という理屈だ。現在の糖尿病の治療ガイドラインが、カロリー制限(脂質制限)を採用しているのも、そのためである。

しかし、高カロリーだから太る、という理屈はまちがいだ。摂取エネルギーのすべてが内臓脂肪になる、というのはとんだ思い違いである。「脂質を食べたら、体の中でも当然、体脂肪になって蓄えられるだろう」――こうした漠然としたイメージを抱いている人は少なくないと思うが(医師や栄養士でさえそうだ)、体脂肪の主な材料はブドウ糖だ。

最新の研究で、口から入った脂質の80%以上は体脂肪として蓄積されずに肛門から排泄されるか、細胞膜やステロイドホルモンの原料になることがわかっている。

※2割程度は体脂肪になるが、体に害をなす内臓脂肪ではなく、皮下脂肪になる。しかし、それ以前に、炭水化物と脂質では1日あたりの摂取量がまるでちがう。茶碗1杯のご飯に含まれる糖質は60g程度。動物脂や植物油を1度に60gも摂ることは生理的に無理だ。

脂質悪玉説のあやまりはすでに科学的に証明されているのである。

それを裏付ける研究はほかにもある。

たとえば、ハーバード大学が女性看護師8万2802人に対し、20年間にわたって実施した追跡調査がそうだ。この研究によれば、

  • 炭水化物が少なく、たんぱく質と脂質が多い食事の冠動脈性心疾患の相対リスクは0.94。
  • 炭水化物が少なく、動物性たんぱく質と動物性脂肪が多い食事の同相対リスクは0.94。
  • 炭水化物が少なく、植物性たんぱく質と植物性脂肪が多い食事の同相対リスクは0.7。

つまり、脂質を増やしても、冠動脈性心疾患(心筋梗塞が代表的)のリスクは上昇しない。それどころか、多少なりとも低下する可能性があるというわけだ。

事実、最近では脂質をたくさん食べる人のほうが脂質を制限している人よりずっと長生きする、脳卒中死亡率がぐんと減る、という報告もある。

さらに、『JAMA』(世界でもっとも広範に読まれている医学雑誌)でも、米国でおこなわれた大規模な介入試験で「厳しい脂質制限をおこなっても心血管疾患やがんなどの発症リスクがさがらなかった」ことが発表されるなど、脂肪悪玉説を否定する報告は枚挙にいとまがない。

【スポンサードリンク】

糖質(炭水化物)を食べなければ、糖尿病は治る

それなのに、いまだにこう口をそろえる人が少なくないのはどういうわけだろうか。

 

「戦後、炭水化物の摂取量が減り、脂質の摂取量が増えたことが糖尿病の主原因だ」

 

多くの医師や栄養士がきょうも脂質を控えるよう、患者を指導、説得している。さきほどの研究報告はアメリカでの話。日本人とはまったく無関係だとでもいうのだろうか。

そんなはずはない。

というわけで、ニッポンで調査されたデータをかき集めて、脂肪悪玉説をバッサリ斬ってみたいと思う。

まずはこのグラフをみていただきたい。日本の糖尿病患者数と脂肪摂取量などの推移をあらわれしている。わたしのようなド素人にもわかるグラフを描いてみた。

日本の糖尿病患者数と脂質摂取量の推移のグラフ(厚労相の資料、農水省の「食糧需給量」「食糧需給に関する基礎統計」、農林統計協会の「改定日本農業基礎統計」などをもとに芥川作成)

これを見れば一目瞭然だろう。日本の糖尿病患者数は、戦後35倍に増えたといわれており(1950年には25万人程度だった)、1965年ごろから急増しているが、脂肪摂取量はそのあたりから横ばいに転じている。両者のあいだに相関関係がないことははっきりみてとれる。

※脂質を食べると脳卒中死亡率が減る、とする説があるが、このグラフを見ると納得である。日本の脳卒中死亡率は1965年がピーク。その後は減少傾向に転じ、1980年に1/2に、1985年に1/3になっている。脂質を食べるようになって、日本人の脳卒中死亡率は有意にさがっているのだ。

では、肝心の糖質(炭水化物)との関係はどうか。

グラフを見ると、日本人の炭水化物の摂取量は戦後、ゆるやかな減少傾向にある。一見すると、こちらも糖尿病の主要因にはみえない。第一、炭水化物の食べすぎが原因なのだとしたら、戦争直後がもっとも発症数が高くなるはずである。

しかし、その理由は容易に察しがつく。

まず、昔と今では日本人の運動量がまるきり異なる。なにしろ、1950年代にマイカーを保有している家庭などはほとんどなかった。荷物の運搬はリヤカーか人力だった。つまり、当時は摂取カロリーのほとんどを、肉体労働によってしっかりと燃やしていたのだ。

ものは試しとばかりに、このグラフにわが国の自動車保有数の推移をあらわした線グラフ(自動車協会のホームページにあった)を重ねてみたら、糖尿病患者数とぴたりと重なった。糖尿病患者の増加と運動不足とのあいだに因果関係があることはもはや明白である。

そこへ糖質が深く関わっていることももう疑う余地はない。戦後、一次産業従事者が減り、ホワイトカラーが増えるにともなって、日本人の体内ではエネルギー(糖質)がだぶつき、内臓脂肪が増えていったのだ。これが、糖尿病など生活習慣病の温床となったわけだ。

精製された炭水化物を口にするようになったことも無視できない。なにしろ、精製炭水化物は未精製の炭水化物よりずっと急激に血糖値を引きあげる。身体へのインパクトがデカイ。

注)精製炭水化物が血糖へ与えるインパクトの大きさについては、当サイトの食品一覧表にある各食品のGI値(血糖への影響度をあらわす指数)を参照してほしい。

こうしたことにくわえて、当ブログで再三説明している改良型小麦の影響も無視できないだろう。品種改良によって異常な血糖値上昇作用を持った新生小麦が世界中に広まっていったタイミングと、わが国の糖尿病人口の増加期間はほぼ一致している。さらに、小麦の消費量そのものも増えている。

小麦を食べなければ糖尿病予防になる、炭水化物(糖質)をやめれば糖尿病が治る、というのは、つまりこういうわけなのだ。

参考文献/『The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE』Vol.355(2006年11月9日号)掲載の論文「Low-Carbohydrate-Diet Score and the Risk of Coronary Heart Disease in Women」、江部康二 2011『主食をやめると健康になる』:31,ダイヤモンド社.



ぼろぼろの身体を再建すべく、あらゆる健康術を試し歩き、最期に辿り着いたのがグルテンフリーと糖質制限だった。おかげで、毎日1時間のロードワークに出掛け、毎食、肉ばかり喰らっているが、不整脈ひとつ顔をださなくなった。そんな男が実体験と知見をつづっているブログ。相方は、グルテンフリーダイエットを実践中。

001 002 003 004
カテゴリー: 万病を治す糖質制限, 小麦と生活習慣病

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

サイトポリシー

グルテンフリーロゴグルテンフリーと糖質制限で息を吹き返した管理人が、無数の書物などを読みあさり、自分のためにまとめたノートを、だれかの役に立つかもと思い、ブログへ転記。管理人自身の体験や知見が満載。情報の確度には細心の注意を払っているが、あくまで自己責任での利用をお願いする。

人気記事

グルテンフリー食品がそろう店

アイハーブのグルテンフリー食品米国の健康食品通販ショップ「アイハーブ」には、グルテンフリー食品がごまんとある。なにしろ小麦大国&グルテンフリー発祥の地。わが家のご用達。東京まで4日ほどで届く。初回5ドルの割引あり。現在40ドル以上買えば送料無料。ありがたい。1万5500円を超えると関税がかかるので注意。

糖質制限の必須アイテム

【血糖値をあげない甘味料】
sd1
sd1
エリスリトールは、代謝されずに排泄される不思議な糖類。天然の糖質だから安心。コーヒー&紅茶、料理とフル活用している。ラカントSの主成分もエリスリトール。関連記事/糖質制限のやり方

【糖質の吸収を強力に抑える成分】

2015-09-09_11h20_53糖質の吸収を強力に抑えてくれるサプリ。外食や旅行などで仕方なく糖質を口にしたときは、コイツの世話になる。メタバリアスリム。いまなら500円。試してソンはない。